Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

ミツバチはどうやって花の蜜をハチミツに変えるのか?

蜜蜂(ミツバチ)が集めた花の蜜(みつ)が蜂蜜(はちみつ)と思われがちですが、
巣の中で加工・貯蔵されたものが蜂蜜です。

ミツバチがどのようにして花の蜜を蜂蜜に変えるのか、その過程を確認してみましょう。

まず、ミツバチは花の蜜を採集し、その花の蜜を胃の前部にある蜜胃(みつい)と呼ばれる器官に入れて貯えます。

この時、採集された花の蜜はショ糖液、つまり水分を含んだスクロース(ショ糖)です。

スクロースとは、砂糖の主成分で、二糖類の一種です。

単糖であるグルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)がグリコシド結合した糖です。

主要な甘味料であり、これらの糖は水に溶けやすい性質を持ちます。

ミツバチは蜜胃が花の蜜で満たされると巣に持ち帰ります。

その花の蜜を巣に戻す時に、ミツバチの唾液と混ざることで、蜜が更に甘い糖に変化します。

この時、唾液にはサッカラーゼまたはインベルターゼと呼ばれる消化酵素が含まれており、
その作用によって蜜の中のスクロースがグルコースとフルクトースに分解されます。

このスクロースから生じるグルコースとフルクトースの混合物は転化糖(てんかとう)と呼ばれ、
同量のスクロースよりも甘いのが特徴です。

また、ミツバチが取って来たばかりの蜜は水分が多く、水っぽいです。

糖が含まれる量の指標となる糖度は40%未満であるとされています。

その後、蜜を巣の中に入れ、ミツバチが羽で扇いで水分を蒸発させることで糖の濃度が高くなります。

これにより糖度は80%前後まで上昇し、熟成されたトロトロの「蜂蜜」になります。

ちなみに、花の蜜を集めるのは働きバチの仕事であり、その働きバチは全てメスです。

メスの働きバチはその他に、子育てや巣の警備といった仕事も分担して行っています。

ミツバチのオスは巣の中で働きバチから餌を貰うだけで、女王バチと交尾をすることが唯一の仕事です。

毎日仕事に追われているサラリーマンの方には少し羨ましいですね。