Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

自然解凍できる冷凍食品をご存じですか?

お弁当のおかずとして利用されることも多い「冷凍食品」ですが、そんな中でも人気なのが「自然解凍できる」商品です。

冷凍食品と言えば電子レンジで温めるのが常識でしたから、自然解凍できるなんて画期的ですね。

お弁当作りに忙しい人たちの間でも大人気です。

電子レンジで温める必要がなく、お弁当に入れておくだけで食べられるようになるので便利です。

冷凍食品を製造・販売している大手メーカーのニチレイでは、
家庭の主婦やお弁当作りをしている人から朝の5~10分でも、
お弁当作りにかかる時間を短くしたいとの意見を受けて、
この自然解凍できる冷凍食品の開発を行ったとのことです。

他社に遅れながらも2011年に開発に着手、そして2013年に商品を発売しました。

現在では「自然解凍できる冷凍食品」として、「衣がサクサク牛肉コロッケ」や「からあげチキン」
「パリパリの春巻」「やわらかひとくちカツ」「お弁当を彩る 6種の和惣菜」など様々な商品があります。

その商品パッケージの表面には「自然解凍OK!」と明記されています。

そんな商品の開発には大きな苦労があり、加熱をしないことが条件であり、衛生面が一つの課題でした。

お弁当は作ってから食べるまでに数時間経つことが多いため、
熱を通さない自然解凍の冷凍食品はいたむリスクがより高く、
そのリスクをどのように防ぐかが難しいとされていました。

その問題を解決した方法とは、「アセロラの果汁」を入れることです。

これは同社の商品パッケージの裏面にも記載されており、
原材料名に「アセロラ濃縮果汁」の文字を確認することができます。

酸性の果実でビタミンCが豊富なアセロラには菌の増殖を抑え、料理をいたみにくくする働きがあります。

研究の段階では同様の効果があるレモンなども試しましたが、
香りや味が変わってしまうため、アセロラが最適だったのです。

自然素材にこだわり、さらに便利で美味しい「自然解凍できる冷凍食品」には
そんな企業のアイデアと努力が詰まっているのです。